歴史的に人気がある人物の肖像画が描かれているコインも価値が高いですね、そこに描かれている人物を調べていくだけで歴史が見えてきたりします。

 

たとえばイギリスのエリザベス一世が描かれていたりオーストリアのヨーゼフとエリザベートが描かれていたり。たかがコインといえども、そこに描かれている人物を調べていくことで、歴史のロマンを感じることができるかと思います。そのほかにもスペイン金貨の話もありますね。1715年のスペイン財宝船団。その当時にキューバからスペインに向けてカリブ海を航行していた12席の輸送艦隊がスペイン国王フェリぺ5世の命によりアメリカ大陸で艇に入れた財宝を輸送しました。その中には金貨や銀貨、宝石類等その他装飾品など大量の財宝が載せられました。

 

しかし天候不順によりバミューダ海域で12隻中11隻が沈没。その後、20世紀半ばでその近くの「ビーチに打ち上げられたコインを見つけた人が調査を行い、数十年近くかけ7隻の沈没船を探し当てました。その中には幻の金貨ロイヤルコインなどが発見され話題となりました。近年でもスペイン国王フェリペ5世のために作られた「1975年トライセンテニアル・ロイアル金貨」がみつかっております。これは世界にわずか6枚しか見つかっていなかったもので世界最高の希少性のある金貨になります。

 

このように、一枚のコインからその時代の歴史を見ることができるため自分が好きな時代のコインを集める収集家も増えてきております。そういった希少価値も含め、やはり、アンティークコインはその背景にある歴史的な部分が重要になっているのではないでしょうか。