コインの種類

コインといっても現存するコインは多種多様ございます。まず、古代コイン。これはだいたい紀元前後にでたコインをさします。見た目からは金塊や銀塊等に刻印を押し付けような感じで原始的な見た目が特徴となっております。このころのはその時代の信仰する神々などが刻印されていました。有名なのはフクロウの描かれているテトラドラクマ銀貨ではないでしょうか。

 

次に来るのがアンティークコインです。これは古代以降から中世ぐらいまでのコインを意味しております。だいたい一般的には封建主義の時代をさしているのかと思います。この時代はコインにもよりますが、金や銀などの貴金属で作られていることが多く、素材そのものの価値が高くなっております。

 

そして近代コインや近代銭になります。これはだいたい日本でいうと昭和初期ごろまでのコインを指しております。この時代になると造幣技術がだいぶ確立され、見た目や作りのしっかりしたコインが多く作られています。戦勝や統治者の即位記念などを祝う「記念貨」というものの発行数もかなり増えてきます。デザインなども高い彫金技術により美しい肖像などのものも多くなっています。

 

そして戦後から現代までのコインを現代コイン、現行貨といいます。金や銀でコインをつくる時代が終わり。アルミや黄銅、青銅や白銅などが一般的になります。現代技術を駆使した偽造防止技術により日本の500円玉にみられる透かし文字やユーロ圏のコインで使われるバイメタル貨等、いろいろとつくられております。このようにコインは時代とともに変化をし続けているものになります。

Written by 運営者 in 未分類

Next Post

コインの価値

コインといっても現存するコインは多種多様ございます。まず、古代コイン。これはだいたい紀元前後にでたコインをさします。見た目からは金塊や銀塊等に刻印を押し付けような感じで原始的な見た目が特徴となっており […]

Continue Reading